スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by るさ
 
[スポンサー広告
安全設計の境界線
2012年8月受験生として、中小企業診断士の勉強を始めました!!

この資格の特徴は、非常に幅広い知識が必要で、
一つ一つを深く掘り下げるとキリがないため、
合格に必要な知識以上に探究心を持たないことが肝心だそーです

……耳が痛いなーw

それにしても、やっぱり勉強するのは好きだなぁ♪
将来に向けて自分を磨くというのは非常に心が落ち着くものです
これだけ日本経済や雇用や年金が不安視されている現状で、
土日に遊び惚けるほど精神力ないですよ

精神鍛錬、精神安定、精神衛生
うーん……、気持ちいい!


そうそう
とある場所で知り合った力学の教授がおっしゃってましたが、
原発には、放射線が漏れないようにするパッキンみたいなのが在るのですが、
耐震構造を追及すると衝撃にもろくなるので、免震構造を採っているとのこと
ただ、当然のことながら免震である以上弾性が在るので、
経年劣化に因って隙間ができることも起こりうるらしい

つまり、「国の定める安全基準を満たす原発」を造ることは出来ますが、
「完全に安全である原発を造ること」は不可能だそうです
要は、「絶対安全の原発を造ること」が大切なのではなく、
「何か起きた時に対応できるように体制を組んでおくこと」が一番大切なんだってさ
その定義でいうと、今の日本の原発に関わる技術力は無いに等しい

また、原発の科学者は当然のことながら大地震や大津波は想定している
未曾有の大災害で想定外でした、なんてのは嘘
「想定」はしていたが、「設定」をしていなかっただけ
あのような大災害が起きる確立はあまりに低いと判断したため、
対応できるように安全なシステム構築を設定をしていなかっただけのこと

ちなみに、その考え方は原発特有のものではなく、
高速移動交通機関にも適応されている(という噂)ですよ
なので、その教授は「時速300kmを超える乗り物」には乗らないんだってさ

おー、怖い怖い……
スポンサーサイト
Posted by るさ
comment:2   trackback:0
[思惟の記録]  thema:ほっとけない原発震災 - genre:政治・経済
通信技術の保全性
うーん、我慢するつもりだったけど突っ込まざるを得なかったw
私もスルースキルが足りないなぁ

「携帯メールの返事をくれない人で「気づかなかった」って過去形で言う人ってなに? 気づいてるじゃん」

いや、その解釈はおかしいからっっ!!ww

「気づかなかった」と発言するより以前に、
「なんでメールの返事をくれなかった?」というメールを受け取って読んでいる
のだから、
時系列的に云うと、如何なる状況に於いても、「気づかなかった」という発言は嘘になる
しかし、それでは日常的に会話が成り立たないだろう

つまり、「気づかなかった」という発言の意味する過去というのは時系列的な意味ではない
”現在より昔のことを云っているのではなく、ある時点より過去のことを云っている”のだ
よって、「気づかなかった」という発言を責め立てるには、
”メール着信に気がつかなかったという認識をいつ持ったのか”を問う必要がある

メール着信の10分後に本当は気づいていたが、丸一日放置したのか
メール着信に気がつかないまま一日経ったが、10分前に気がついたのか
どちらも「気づかなかった」と発言するのは正しいが、真意は大きく異なる


さて、ここまで記事を書いて今更ながらに思ったのは、
こういう記事を書く人が居るということは、
「携帯メールは届いて当たり前」という認識が世の中に在るというですよね
デジタルデータは劣化しないと思っている人が居るが、実は違う
データそのものは0と1で表されているので変化しないが、
データを扱うハードウェアは風化もするし劣化もする
その為、デジタルデータであってもハードウェアの影響で違う処理がされることがある
それが所謂バグだったり、パソコンの不具合・エラーだったりするのだけれども、
どうして携帯メールではそれが起きないんでしょうね??
その技術が凄いと思う……
Posted by るさ
comment:2   trackback:0
[思惟の記録]  thema:どーでもいいこと。 - genre:ブログ
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。