スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by るさ
 
[スポンサー広告
facebook
巨大なサービスにまで発展した二大SMS、twitterとfacebookは同じようなサービスだと思っていました
しかし、ようやく両者に大きな違いが在ることを知りました

twitterが匿名であるのに対し、facebookは実名が原則であるようです
この違いは大きい

インターネットの利用目的の一つに、現実世界から離れ、オンライン上に新たなコミュニティを求めるというものがあります

ネット上では、現実世界と違う名前で、現実世界と違う仲間と、現実世界と違う話をすることができます
つまり、いつもと違う自分を演じているわけですね

故に実名が登場するのはナンセンスだと思う

映画を見ている時に、映画の出演者が共演者から芸名や本名で呼ばれるのは見るに耐えない
一瞬で現実世界に引き戻され、仮想現実は崩壊します

そこまでではなくとも、初めてオンライン上でハンドルネームを名乗るとき、ちょっとした興奮を感じた人は多いと思う

実名登録が原則のfacebookが広まることで、そういうオンラインでしか味わえない楽しさを奪ってしまわないだろうか
Posted by るさ
comment:2   trackback:0
[思惟の記録
comment
インターネットをパソコンの中の架空の世界の延長と捉えるか、実用的な通信手段と捉えるかの違いでしょうね。

パソコン通信の時代からやってる人間には実名じゃない方が「らしい」と思えますね。

生まれた時からネットが整備されていて当たり前の通信手段だったら電話帳に実名を載せる感覚で、facebookみたいなのも抵抗なく入っていけるかもしれませんね。
2011/07/13 22:45 | | edit posted by まっと
特に物心ついた頃からネットがある若い人は、
ネットの怖さも解らない人がいるかもしれませんし……

実名でネットをすることが普及してしまうと、
ハンドルネームを名乗ること自体が、
何かやましいことをしているみたいに思われちゃいそう
それが嫌だなぁ
2011/07/13 23:22 | | edit posted by るさ
comment posting














 

trackback URL
http://rusa.blog11.fc2.com/tb.php/7-acd69ffd
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。